割礼

世界で見る割礼の儀式



割礼は、日本においては主に宗教的な要素を含んだものとして知られているように思えます。そして昔の文化的遺物という解釈ではないでしょうか。
実際、イスラム教、ユダヤ教などでは
「旧約聖書」に記述されているというくらい昔から存在する、宗教的儀式の意味合いで行われていたそうで
キリスト教の一部でも、衛生上の理由から行われていたこともあるそうです。
イエスキリストも割礼をうけたとの記録が残っているとのことです。

昔は日本がしなかっただけで
多くの国では割礼の儀式を行なっていたそうです。それこそ、ロシアと中国と日本以外ではほとんどの国で行っていたらしく、韓国はいまだに一般化した慣習として残っています。
ただ、宗教上の理由から行われる場合と、衛生上の理由からと別れる傾向にあります。
そして現代では、ユダヤ教では反対するユダヤ人も多くあまり一般的な儀式としては広まっていないようです。
一方イスラム教では習慣として定着しているが、その行う年齢にはずいぶんと幅があるようで
生後間もなくか、少年のうちに割礼が行われるばあい。時期は生後7日目に行う場合から、10-12歳頃までの場合など幅があり、
割礼後は祝宴が開かれ、盛装した 男児が親族や近隣住民から祝福されるそうです。
割礼を行っていない者が成人になってから改宗した場合は、解釈が一定ではないため必ずしも強制ではないが、なるべく 割礼を行ったほうがよいとされるそうです。
成人になってから割礼。強制でないとしてもかなりきついものがありますね。
キリスト教では、割礼の風習がない地域への布教の過程で、割礼を要件としない見解が広まり、早い段階でこの儀式として割礼は廃れたそうです。
また、アフリカではホッテントット族などの「睾丸摘出」などもはや去勢レベルの儀式。
オーストラリアの先住民アボリジニは尿道の下部を切開する、また違った意味での割礼の儀式が行われている。
付け加えると、現代のキリスト教では衛生的な理由から「包茎手術」としての割礼が普及していて、時代と逆行しているようであって、実は先駆的でもあると言えます。

  • ABCクリニック札幌院のご案内です(TOPページ)

  • 割礼関連コンテンツ

    ABCクリニックでは亀頭増大、長径術、シリコンボール等の男性器改造を扱っていますが、それらには注入薬 ..... >> 続きを読む
     

    サイトマップ

    体力に自信あります