陰茎インプラントってどんなものなのか

ABCクリニックでは亀頭増大、長径術、シリコンボール等の男性器改造を扱っていますが、それらには注入薬剤、人工物が使われていて、固形の人工物の中には「陰茎インプラント」と呼ばれるものがあります。
陰茎インプラントはペニスの勃起を得るために、人工物を陰茎に挿入する手術で主にED(勃起不全)の治療の一環として行われるもので、勃起不全の症状を抱える男性に効果的な治療選択肢ですがいわば最終手段のようなものです。
陰茎インプラントは外科的治療法で、当日手術ができる場合もあれば、1〜2日間の入院が必要な場合もあります。陰茎インプラントは、機能しなくなった陰茎内の勃起組織を人工陰茎に置き換えることで、勃起機能を回復させます。

陰茎インプラントは性転換手術などの美容整形の発展と共にそれ自体も進化、改良、されてきたようなものでEDへ転用したのはその後と言えます。人工物は数種類あり、自由に曲げ伸ばしできる棒状のもの(セミリジッド・タイプと呼ばれています)や、液体をポンプで伸縮性のあるシリンダー内に注入することにより、性交可能な勃起の状態をつくるというインフラッタブル・タイプ(inflatable)と呼ばれるものがあります。
棒状のセミリジッド・タイプは構造も単純で挿入手術がより容易であり、現在では日帰り手術を実施している施設もあるようです。その構造がより単純なため故障などによる不都合も発生しにくく、単純に角度や位置を動かす事が出来るため、 手の器用でない方やご高齢な方でも操作可能なようです。対してポンプ式のインフラッタブル・タイプは構造もより複雑で、液体の注入により膨張するシリンダーとその液体を格納し、送り出すポンプという2つの部品からなり, シリンダーは陰茎に挿入されます. ポンプ (液体) これは陰嚢に挿入され. インプラントのこのタイプは、挿入するために切開する部分も多くより多くのスペースを取るために人体への負担は決して少なくないと言えます。
陰茎、手やチューブに装着バッテリ駆動ポンプ、それが(くびれリング)直立なったら周りのペニスの根元にフィットするバンドにフィットプラスチックチューブで構成されている陰茎ポンプと言うものもあります。 陰茎ポンプは、しばしば真空ポンプまたは真空狭窄装置と呼ばれます。これら複雑なものは確かにリスクは伴いますが、成功した暁にはそもそも機能を失ってしまった性器とその患者にもたらす心理的効果は絶大です。
人体内での拒絶反応への考慮から金属でなく主に生体適合性プラスチックやシリコンが使用される傾向にありますが近年移植生体技術を応用したバイオニックペニスなど、事故や先天的に失ってしまった性器の再建技術も発達しており、現在も進化をづけています。人工陰茎は、勃起を得たり維持したりするのが困難な男性や勃起を全く得られない男性を助けます。人工陰茎は、性交渉をするにあたって十分硬い勃起を得ることができない男性も助けます。

  • ABCクリニック札幌院のご案内です(TOPページ)

  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります