包茎にも種類があります


男性はある一定の年齢になると、包茎(ペニス)先端部の皮膚、すなわち陰茎皮膚が陰茎の付け根の方へ後退して亀頭が露出するようになりますが、大人になっても包皮が亀頭を覆ったままの状態になることがあります。これが「包茎」と言われる状態です。
そしてひとくちに「包茎」と言っても大きく分けて3つに分類でき、症状もそれぞれ異なります。もしご自身で皮をむいてみて違和感があるようでしたら、下記のような種類に当てはまることが考えられます。


仮性包茎
平常時は包皮が亀頭を覆っていますが、手でむけば亀頭を露出させることができます。そして勃起すると亀頭が露出する。これが仮性包茎の定義とされていますが、勃起すれば自然に亀頭が露出する正常に近い仮性包茎もあれば、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎までいろいろ。包皮の中で細菌が繁殖し、感染症になるなど重い症状の場合は外科治療で包皮を切除します。もっとも多い包茎のタイプで、日本人男性の60%は仮性包茎だとも言われていますが、治療としての包茎手術の対象となるかどうかを自身で判断することは難しいかと思います。

カントン包茎
包茎の中には包皮の先端部分(包皮口)が狭くなっているタイプがあり、この場合は平常時には亀頭をどうにか露出させることができますが、無理にむいたりすると、包皮口が亀頭の根元を締めつけ元に戻すことができなくなることがあり、さらに大きく腫れてしまうこともあります。
このように腫れて包皮を元に戻せなくなった状態をカントン包茎といい、仮性包茎と言えなくもないものも、身体の成長に伴い徐々に症状が悪化していくことでカントン包茎と診断されることが多いです。

症状の例を挙げると、包皮口が狭い仮性包茎を無理にむいて腫れてしまった場合、陰茎を圧迫し亀頭部分が鬱血してしまい、そのまま放置しておくと、鬱血している部分の一部が壊死(細胞が死滅)する恐れがあるのです。このような場合速やかに医療機関で処置を受ける必要があります。

無理にむかないようにしていても、性交渉の時など、意図せず包皮がむけてしまう場合もあり、注意が必要です。

真性包茎
包皮口が非常に狭いまま成長期をむかえたペニスは亀頭の成長を阻害され、先の細い状態で成長が終わってしまうことになります。またこの様な場合は亀頭と包皮が癒着を起こしているので平常時でも手でむくことができません。亀頭が常に包皮に覆われているため衛生面に問題があり、性交渉もままなりません。
真性包茎と診断された場合は医療保険が適応されることからもわかるように、治療が不可欠な状態です。


真性包茎やカントン包茎の場合は、日常生活・性生活に非常に大きな影響があります。
仮性包茎やカントン包茎にみられる精神的・肉体的なリスクがあることに加え、真性包茎の場合、包皮が邪魔をして射精しても子宮に十分量の精子が届か無い可能性があり不妊の原因となるなど、生殖行動自体への障害ともなり得ます。

  • ABCクリニック札幌院のご案内です(TOPページ)

  • 包茎の種類について関連コンテンツ

    ABCクリニックには早漏の悩みで訪れる患者さんも多く含まれています。 早漏といえば「3こすり半」と ..... >> 続きを読む

    ABCクリニック札幌院は包茎手術を専門とする美容外科という認識ですが、広い北海道内にはなかなかそ ..... >> 続きを読む

    ABCクリニック札幌院には包茎治療、EDなど下半身の悩みを抱える男性が道内だけでなく本土からも訪れま ..... >> 続きを読む
     

    サイトマップ

    体力に自信あります