ABCクリニック札幌院は包茎手術だけではありません

1包茎治療・手術

ABCクリニック札幌院を訪れる患者様のなかでもっとも多い目的であり、一番実績の多いものは包茎治療。
ABCクリニックの代名詞とも言えます。

包茎の悩みを抱えながらABCクリニックを訪れる多くの患者様に、初めに知っておいていただきたいことは、あなたがどの種類の包茎かということであり、それについてのて正しい認識をまず知って頂くことから始まります。
包茎とは主にペニスの亀頭部分が包皮でおおわれている状態を指しますが
実際のところ包茎の種類は大きく分けて(1)真性包茎(2)仮性包茎(3)カントン包茎と、三つの種類に区分されており、どのタイプの包茎であるかで手術の必要性、緊急性が別れます。

仮性包茎の場合は、悩みとしては深刻だとしても今すぐ特別に治療を必要としない軽度の物もあれば、また反対に、このままにしておくのは衛生的にも良くない、手術の必要性のあるものと別れます。
また、真性包茎、カントン包茎は放っておくと重症化し危険な場合はすぐに処置しなければいけない場合もあり、適切な診断が必要です。
ですので自己判断が難しく、御悩みであればまずABCクリニック札幌院に相談していただきたいです。

ABCクリニック札幌院の主な包茎手術の方法は包皮のカットですが、その包茎の種類や度合によって方法は異なります。ABCクリニック札幌院の場合、遠くからお越しいただく方がほとんどなので、即日手術→退院が可能でその日から普段通りの生活を送っていただけるように、痛みの少ない自然な仕上がりを独自の治療方法で実現しています。

2、長径術

ABCクリニック札幌院では包茎手術と並んで実績のある「長径術」を行っています。
方法は男性の体内に隠れている陰茎の部分を前に引出すことで体外に露出させて陰茎を長くする。というもので、長茎術は手術自体は難しいものではないので、手軽な割にその効果は大きいことからも満足感の得られる治療方法です。
「短小」でコンプレックスをお持ちな方も包茎と同じくらい多いと思っていますが、包茎と違って緊急性が薄く、積極的に手術に臨むよりも包茎手術と併用される方が多いようです。
実際、包茎手術を行うことで手術に対してさほど抵抗がなくなった方などが、次の手段としてお求めになる傾向にあります。
亀頭増大術と共に目で見える効果があることから、手術を受けた方々はご満足頂いております。

3.亀頭増大術

亀頭増大術は長径術と共に、包茎手術のオプションとしてお求めになる傾向にあるようですが、ABCクリニック札幌院の亀頭増大術は、手軽で安価なこともあって長茎術と並んでとても人気があります。
実際に亀頭部を大きくする場合は、「ヒアルロン酸」などの医療用薬を亀頭部に注入する方法を取ります。

患者様のご希望を優先しますが、現在の亀頭の大きさを診察したうえで薬剤を注入する箇所とその量によって
どの部分を大きくしたいのか、全体的にどのようにボリュームをアップしたいのかを石とよく話し合い、シミュレーションすることが大事な作業で、これは慎重に行います。この方法は早漏治療にも役立っていますのでご参考にしてください。


4、早漏治療

早漏は男性にとって隠れたコンプレックスとして有名ですが目で見てわかりません。
ABCクリニック札幌院ではあ早漏治療もおこなっており、その主な方法は敏感な亀頭部の神経伝達を鈍らせるために、亀頭部分に薬剤を注入するという方法を採用しています。
薬剤を注入する量により持続時間を鈍らせる程度を調節するわけですから、医師と患者様とで慎重にコミュニケーションすることと信頼関係が重要になります。。

早漏で御悩みの方の人数が包茎で御悩みの人数よりも少ないとは限らないはずですが、目に見えないだけに患者様からお話しいただくまでは分からないもので、ABCクリニック札幌院を訪れる患者様でm包茎のお悩みを解決するにあたって、その話のついでに、実は早漏でもあるというお話を頂くことが多い傾向にあります。
関係無いようでじつは早漏は目に見えない隠れたコンプレックスとして包茎とも深く結びついている傾向にあります。
それは包茎のために亀頭が刺激に弱くなっていることが起因していることが多いからです、早漏は、包茎手術を行なうことで症状が改善されることもありますが、時間がかかるかもしれないので、手術後の経過観察が必要です。

そういった理由から、包茎手術の終了後の経過を見ながら少し時間を置いて改めて診察することが多いです。

「早漏は治療できない」と思われがちですが、様々な要因が関係していることからお悩みをお話ししていただく過程で解決策が見つかることもあるので、ABCクリニック札幌院にまずはお話しいただくことが肝心です。どうぞお気軽にご相談ください。


5、ED治療(勃起機能障害)

EDはもはや誰もが知るものとなりました。EDは現代病と言ってもいい男性にとって深刻な問題であり、EDにお悩みの方は年々増えていて、ABCクリニック札幌院にも多くの患者様が訪れるようになり、患者数も年々増加しています。

EDも含め正常な勃起には自立神経と血管が深くかかわっていることがわかっており、EDに悩む患者様に以下のいくつかの傾向があるようです。
1.糖尿病、心臓病、動脈硬化、高血圧など、加齢が関係する生活習慣病
2.日常に置いての不規則な食事や睡眠、運動不足、喫煙。
特に喫煙は血管や心臓に大きなダメージを与える要因です。
3.仕事や日常生活における緊張や不安やストレスの蓄積もEDの主な要因です。

ED治療には現在有効な薬が開発されておりABCクリニック札幌院ではここれらの薬を処方していますが、
この場合患者様の症状や状態により適した種類、服用量が大事な要素であり、副作用もありますので経験豊富な医師の処方が必要です。

EDの定義はあやふやで、主に自覚症状のあるなしを規準としているので実態は見えにくいものがありますが、全く勃起しない症状のみをEDと言うわけでもないので、自身ではどう判断されていいのかわからないという方がほとんどです。

「勃起するまでに時間がかかる」「途中で中折れしてしまう」「勃起できない時がある」
程度によりますが、これらの症状が当てはまる場合はEDの「予備軍」として疑いがありますが
気に成るようでしたらいつでもABCクリニック札幌院にお問い合わせください。

ABCクリニックでは専門の医師による問診によりあなたに適した治療薬を必要量処方いたします。
無料の診断に要する時間はわずかなものですから、ぜひお気軽にご利用ください。


6.ワキガ・多汗症治療


「ワキガ」の原因は解明されており、はワキの下の「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2つの組織から分泌される分泌物と細菌が分解されて臭いを発するとされています。

ABCクリニック札幌院で用いている改善方法はいくつかありますが
まずそのひとつである「ボトックス法」と言われる薬剤を注入する方法は
ワキの下に直接薬剤を注入することによりエクリン汗腺の活動を抑制し汗の分泌を抑えることでワキガを抑えることができるので有効ですが
この方法は比較的軽度かもしくは緊急性の薄い(様子を見る余裕がある)場合に用います。ケアも不要ですし、メスを使わないので安心して受けられるのでまずまず第一段階として有効です。

さらに深刻な場合はワキの「エクリン腺」組織を除去するという方法を取ります。
術後はワキの下にガーゼをあてて圧迫するためお仕事や日常生活に少なからず支障を来たしますし、傷跡が残ることや脱毛効果があることからも、しっかりとしたスケジュールを立てることが必要ですが、これなら再発の心配もなく確実に症状を改善できます。

ワキガは周囲の人が感じる臭いの強さと、自分自身が自覚している臭いの強さに差があり、自身で判断しずらいことがあげられますのでこれも医師、カウンセラーとのカウンセリングが大事な要素です。

ワキガは主に運動した後であったり、緊張した時であったり、その場面によって症状も違いの置かれている状況がどのようなものかによって変わりますし
本来、ワキガを発生しているこの分泌物は異性を誘うフェロモンの働きがあるので
神経質に成ることは無いとされていますが、があまりに臭いがきつい場合、これは深刻なコンプレックスとなります。

ワキガは自覚症状よりも周囲に及ぼす影響が強く出ることもあり厄介な問題です。
ABCクリニック札幌院ではこの「ワキガ」の治療もおこなっております。これもなかなか専門に扱うクリニックは見つけにくく恥ずかしくて相談しにくい悩みであることからABCクリニックでは包茎などの下半身のお悩みと共に相談の多い症状です。
なんにせよ、迷ったら一度ABCクリニックにご相談ください。

----------------------------------------------------

※他にも「亀頭のブツブツ」「陰部がかゆい」「排尿の際膿みが出る」などの症状をお持ちでしたら、出来るだけお早めにご相談ください。
性行為により感染する病気などが要因の場合があります。
ABCクリニック札幌院はこれらの症状にも適切な診断ができますのでご安心ください。


  • ABCクリニック札幌院のご案内です(TOPページ)
  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります